SEO記事タイトルの書き方!クリックしたくなる7つのテクニック!

SEO記事タイトルの書き方Webライティング
スポンサーリンク
ナマケモノ君
ナマケモノ君

SEO記事のタイトルってどう決めたらいいんだろう…

チキン君
チキン君

タイトル決めの基礎知識3つと、7つのテクニックを紹介するよ!

読者が本当に知りたかった記事が書けても、タイトルが残念だと読んでもらう機会を逃してしまいます。

きびしい言い方をしますが、読んでもらえない記事は存在していないのと同じです。

そこで本記事では、プロのSEOライターが次の情報をまとめました。

この記事でわかること
  • SEO記事でタイトルにこだわるべき理由2つ
  • 知っておきたいタイトルの基礎知識3つ
  • クリックされる7つのテクニック
  • やってはいけない3つの注意点

本記事の内容を実践すれば、いままで以上に記事を読んでもらえるようになります。

せっかく書いた記事をもっと活躍させるために、ぜひ最後までご覧ください。

チキン@Webライターのプロフィール

SEO記事でタイトルにこだわるべき2つの理由

まずは、記事のタイトルとSEOの関係性を解説します。

SEO記事でタイトルが重要と言われる理由は、次の2つです。

  1. Googleはタイトルを重要視しているから
  2. 読者はタイトルを見てクリックするから

それぞれの詳細を掘り下げます。

1. Googleはタイトルを重要視しているから

タイトルにこだわるべき理由のひとつは、Googleが記事のタイトルを重要視しているからです。

検索順位の決定は、Googleのクローラーと呼ばれるロボットが記事の内容を読むことから始まります。

クローラーはタイトルタグやh1タグといった、記事のタイトルや見出しを重点的にチェックしていると考えられています。

そのページが何を表しているか一目でわかるように、具体的でわかりやすいタイトル(およびスニペット用にメタ ディスクリプション)を付けることをウェブマスターの皆様には常々お勧めしてきました。

引用元:検索結果によりよいタイトルを|Google 検索セントラル ブログ
ナマケモノ君
ナマケモノ君

タグとか言われても、よくわからないよ…

チキン君
チキン君

タグについては余裕があれば学ぶといいよ。初心者のうちはGoogleはタイトルを読んでいると覚えておいてね!

Googleに記事の内容を伝えるためにも、タイトルにはこだわりたいことろです。

2. 読者はタイトルを見てクリックするから

いいタイトルをつけると、読者にクリックしてもらいやすくなります。

クリック数は、記事の順位を上げるために重要な指標です。

Googleは、クリック率が高い記事を良質なコンテンツと認識するため、いいタイトルをつけクリック数が増えると、順位も上がります。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

ちゃんと人がクリックしてくれるタイトルが大事なのか

チキン君
チキン君

Googleは検索する読者の行動を見ているから、読者に良い体験をしてもらう記事を目指すほうがいいんだ!

Googleばかりでなく、検索している人にとっても魅力的なタイトルをつけるとよいでしょう。

SEO記事タイトル3つの基礎知識

SEO記事のタイトルを書く前に知っておきたい、基礎知識をご紹介します。

どの記事にも共通するのは、次の3つです。

  1. キーワードは必ずタイトルに含める
  2. 文字数は32〜42文字に収める
  3. 上位表示されている記事を参考にする

それぞれ理由まで解説します。

1. キーワードは必ずタイトルに含める

SEOを意識するなら、キーワードは必ずタイトルに含めてください。

キーワードがタイトルに含まれていないと、Googleが記事の目的を正確に把握できなくなるからです。

たとえば「腹筋 100回」のキーワードで記事を書いたのに、タイトルを「腹筋は1日◯◯回やるべし!」と伏字にすると、SEO的には不適切になります。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

伏字でキーワードが抜けちゃってるね…

チキン君
チキン君

タイトルで煽ろうとしすぎてキーワードを入れ忘れると、Googleが記事を正しく評価できなくなるよ!

Googleが記事の内容を把握しやすいように、狙っているキーワードはタイトルに含めましょう。

2. 文字数は32〜42文字に収める

検索結果画面でクリックしてもらうためには、タイトルは32文字〜42文字に収めるのが理想です。

多くの場合、検索結果画面ではタイトルは30文字前後しか表示されません。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

長いタイトルの後半は「…」で省略されちゃうのか。

チキン君
チキン君

キーワードはなるべく左側に入れる方がいいよ!

32〜42字以内、キーワード左詰を意識してSEOに強いタイトルをつけましょう。

3. 上位表示されている記事を参考にする

狙っているキーワードは必ず検索して、上位表示のタイトルを参考にしましょう。

現在上位にいる記事は、Googleからも読者からも評価されている記事だからです。

いいお手本が目の前にあるのに、参考にしない手はありません。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

他の記事のタイトルをパクるのなんて、イヤだよ…

チキン君
チキン君

パクるんじゃなくて、クリックされる理由などを研究するんだよ!

上位記事から学び、これから紹介するテクニックを使ってブラッシュアップするとよいでしょう。

クリックしたくなるSEO記事タイトル7つのテクニック

SEO記事のタイトルを魅力的にする、テクニックをご紹介します。

次の7つは、かんたんに取り入れられるうえに効果も絶大です。

  1. タイトルに数字を入れる
  2. だれがどうなるか書く
  3. 手軽にできると知ってもらう
  4. 大ボリュームであると伝える
  5. 損しますよ!と呼びかける
  6. 情報の新鮮さをアピールする
  7. 権威性を使って質を担保する

それぞれ事例まで解説します。

1. タイトルに数字を入れる

タイトルに数字を入れるのは、王道のテクニックです。

数字が書かれていると記事の情報量が想像しやすく、説得力も増します

数字のないタイトル数字があるタイトル
本格カレーの作り方本格カレーの作り方3ステップ
おすすめのカフェを紹介おすすめのカフェ12選
作業効率が上がる作業効率が2倍になる

数字を入れるだけで反応が変わるので、積極的に取り入れましょう。

2. だれがどうなるか書く

だれに向けた記事で、読後にどうなっているかを書くのも使いやすいテクニックです。

「だれが」「どうなる」「なにによって」を書けば、それらしいタイトルが完成してしまいます。

だれがどうなるかわかるタイトル
  • 初心者が3日で成果を出すライティングテクニック
  • 三日坊主でも続けられる!飲むだけダイエット
  • 未経験者から資格取得できる◯◯式メソッド

キーワードによっては使いにくいシーンもありますが、知っているだけでかなりいいタイトルを作れるでしょう。

3. 手軽にできると知ってもらう

人は、手軽にサクッと効果が出るものが大好きです。

短い時間でできるものや、何かのついでにできるものは、タイトルできちんと伝えてあげましょう。

手軽さがわかるタイトル
  • たった〜〜で
  • 〜〜するだけで
  • 〜〜しながら〜〜
  • だれでも〜〜できる
  • かんたんに〜〜できる

手順を解説する場合や、一般的にむずかしそうだと思われている情報の解説で使いやすいテクニックです。

4. 大ボリュームであると伝える

大ボリュームの記事を書いたなら、タイトルでも規模感を伝えるべきです。

1つの記事で多くの情報が得られるのなら、読者は喜んでくれます。

具体的には、以下のワードを取り入れるとよいでしょう。

ボリュームが伝わる言葉
  • 永久保存版
  • 徹底調査
  • 100選
  • 2万文字で解説
  • 500名に聞いた

記事の内容が本当に大ボリュームでなければ、読者をがっかりさせてしまうので注意が必要です。

渾身のまとめ記事を書いたときなどに、タイトルに取り入れてみてください。

5. 損しますよ!と呼びかける

「見逃すと損しますよ!」と言われると、気になって注目してしまうのが人間の習性です。

とにかく損失を嫌うその性質は、統計学的に証明されており、プロスペクト理論とよばれます。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

不安をあおるようで、気がひけるなぁ…

チキン君
チキン君

損をさせない気遣いの言葉を入れるといいよ「今だけ」とかも、相手のためになるよね!

損しますよ!と伝わる言葉
  • なくなり次第終了!
  • 3名様限定!
  • 買う前に知っておきたい
  • やってはいけない
  • できない人の特徴

過度に不安にさせる必要はありません。知らないと損することをスパッとタイトルに入れてしまいましょう。

6. 情報の新鮮さをアピールする

SEO記事においては情報の鮮度も重要です。最新情報をあつかう記事なら、タイトルにも含めてしまいましょう。

家電やファッションなど毎年更新される話題や、キャンペーンやセールなど、今しか使えない情報に有効です。

新鮮さをアピールする言葉
  • 2022年最新
  • 新しい
  • 新商品
  • 今話題の
  • 最速レビュー
ナマケモノ君
ナマケモノ君

最新って書いているのに古い記事もあるよね。

チキン君
チキン君

情報が古くなってきたら、タイトルを変えたり記事を書き直す必要があるよ。情報はつねに読者のためにブラッシュアップしよう!

情報が新鮮なうちに使えるテクニックなので、有効に活用しましょう。

7. 権威性を使って質を担保する

専門的な話題を扱う記事は、権威ある人の情報をタイトルに入れることをおすすめします。

権威ある人のお墨付きがある情報は、受け入れてもらいやすいからです。

権威性なし権威性あり
ご近所トラブルの解決法ご近所トラブルの解決法を弁護士が解説
おいしい冷製スープの作り方シェフ監修おいしい冷製スープの作り方
子供用デスクのDIY大工が教える子供用デスクのDIY

素人よりもプロから教えを請いたいのは当然の心理です。

専門家として記事を書いている場合は、タイトルに取り入れてもよいでしょう。

SEO記事のタイトルをつける3つの注意点

SEO記事のタイトルをつける際は、注意しなければいけないこともあります。

具体的には、次の3つです。

  1. キーワードは重複させない
  2. タイトルは内容と一致させる
  3. 同じタイトルの記事を作らない

それぞれの理由まで解説します。

1. キーワードは重複させない

タイトルのなかで同じキーワードを重複させるのは、避けてください。

キーワードの重複をスパム行為だと判断されると、順位が上がるどころかペナルティを受ける可能性もあるためです。

また、SEO記事のタイトルは32文字程度と文字数が少ないので、重複を削る方が情報密度を上げられます。

Webライターとは?プロのWebライターが7種類の仕事を解説

Webライターとは?業界歴3年のプロが7種類の仕事を解説

文字数は減ったのに、情報量は増えました。

ペナルティを避け、情報量を増やすためにもキーワードの重複は避けましょう。

2. タイトルは内容と一致させる

クリック率をあげるために釣りタイトルを付けるのは悪手です。

SEO記事のタイトルは内容と一致させましょう。

仮に強烈なタイトルでクリック数を一時的に稼げたとしても、内容がともなっていなければ読者は記事から離脱してしまいます。

Googleは読者の行動を見ていて、すぐに離脱されるページは悪質であると判断され、SEO的にマイナスです。

タイトルと内容、どちらのクオリティも上げて、一貫した施策を打ち出していきましょう。

3. 同じタイトルの記事を作らない

同一サイトの中に、同じタイトルの記事を複数作ってはいけません。

Googleにスパム行為と見なされてしまうと、ペナルティを受ける可能性があります。

地域に根ざした店舗がSEOを考えると「地域名 + 商品名」でたくさん記事を描きたくなるかもしれません。

しかし同じタイトルや、似たタイトルの記事を量産してもプラスには働かないことを覚えていてください。

専門家として、幅広く情報を届けるメディアを作る方が、SEOでは有利に働きます。

【まとめ】SEO記事のタイトルは順位に密接に関わる

SEOと記事のタイトルには、密接な関わりがあります。

Googleに記事の内容を伝えるため、読者に記事を開いてもらうために魅力的なタイトルを設定しましょう。

本記事でご紹介した3つの基本と7つのテクニックを活用すれば、人の注意を惹きつけるタイトルが作りやすくなります。

ぜひ活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました