SEO記事で構成が重要な3つの理由|5ステップで作り方まで解説

SEO記事の構成はなぜ必要なのかWebライティング
スポンサーリンク
ナマケモノ君
ナマケモノ君

記事を書く前の構成って必要?どこまで書けばいいの?

プロのライターは、SEO記事を書く前に全体の見出し構成を作ります。

構成の大切さを知らないで本文から書いていると、ムダな情報ばかりの記事に仕上がってしまうかもしれません。

そこで本記事では、見出し構成を作る理由や、具体的な手順を解説します。

この記事でわかること
  • SEO記事における記事構成とはなにか
  • 構成が必要な3つの理由
  • 5ステップの構成作成手順
  • 構成作りの5つのポイント

本記事の内容を実践すれば、SEOに強い記事を書く準備が整います。

本文の執筆で迷走したくない方は、ぜひ最後までご覧ください。

チキン@Webライターのプロフィール

SEO記事における構成とは?

SEO記事における構成とは、本文を書く前に内容の見出しを書き出したものです。

記事全体の骨格となる構成を作れば、余計な情報は入れず、読者が求める内容だけをシンプルに伝える記事が作りやすくなります。

いい構成が作れれば本文も書きやすくなるため、Web記事の制作会社では構成を熟練スタッフが担当し、ライティングを新人が行うケースもあります。

サイト設計やキーワード選定などの工程を終え、ひとつひとつの記事を作る際に最初に手を付けるのがSEO記事の構成です。

SEO記事に構成が必要な3つの理由

SEO記事で構成を作る重要性は、ある程度経験を積まないとわかりにくいものです。

そこで、これからSEO記事を書き始める人でも納得できるよう、構成を作るべき理由の中から重要な3つをご紹介します。

  1. 上位記事よりも充実した内容を書ける
  2. 読者が欲しい情報だけを用意できる
  3. モレなくダブりなく情報を伝えられる

それぞれ、かんたんに解説します。

1. 上位記事よりも充実した内容を書ける

SEO記事を書き始める前に構成を作り込んでいれば、上位記事よりも充実した内容のコンテンツが作れます。

記事の骨格となる見出し構成を作る際、上位の記事と見比べながらコンテンツを調整できるからです。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

上位記事を見ながら本文を書いちゃダメなの?

チキンくん
チキンくん

それだと内容が似すぎたり、主張がブレたりしてしまうんだ。

上位記事の情報量を見ながら構成を作成し、執筆時はアレコレ見ないで一気に書くと、内容が充実したオリジナルコンテンツに仕上がります。

2. 読者が欲しい情報だけを用意できる

執筆の前に構成を組み立てておけば、余計な情報を省いて、読者が欲しい情報だけを用意できます。

見出しが完成した時点で、書くべき内容が明らかになるからです。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

本文を書いている途中のひらめきは、大切じゃないの?

チキン君
チキン君

大抵の場合、執筆中のひらめきは細かすぎる気付きで、全体の流れから脱線してしまうんだ。

読者が欲しい情報だけをサクッと伝えるには、構成で全体図を作っている方がやりやすくなります。

3. モレなくダブりなく情報を伝えられる

記事構成がしっかりしていれば、伝え漏れや内容の重複を防げます。

本文はまだ書かれていなくても、記事の内容がどうなるのか構成から想像できるからです。

構成が完成したら時間を空けて、再度チェックすると情報のモレやダブりに気付きやすくなります。

読者が求める情報を過不足なく伝えるなら、記事構成に力を入れましょう。

SEO記事ができるまでの流れ

記事の構成手順を解説する前に、記事ができるまでの流れを確認しておきましょう。

SEO記事は、おおまかに分けると次の3ステップで完成します。

  1. 記事のテーマとなるキーワードを決める
  2. 記事の構成を作る
  3. 記事の内容を書く

構成の作成はSEO記事制作で中間の作業となり、選定したテーマを活かせるか、良質な本文を書ききれるかを分ける大事なポイントとなります。

SEO記事で構成を作る5つのステップ

ここからは、SEO記事における構成作成の手順を解説します。

具体的には、次の5ステップです。

  1. 記事のテーマとなるキーワードを決める
  2. キーワードを実際に検索して上位記事を読む
  3. 上位記事の見出しを分析する
  4. 上位記事の内容を網羅した見出しを作る
  5. 本文執筆用のメモ書きをしておく

それぞれのやり方を確認していきましょう。

1. 記事のテーマとなるキーワードを決める

SEO記事は、Googleで検索されやすいキーワードに合わせて記事を書きます。

月間の検索数が10件前後と10,000件以上では、記事を読んでもらえる可能性がまったく違うからです。

ツールも活用して、検索ボリュームがあるキーワードを見つけるとよいでしょう。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

ツールの使い方がわからないんだけど…

チキンくん
チキンくん

初心者のうちは、ツールは使わずにサジェストキーワードを参考にするといいよ!

キーワードが決まれば、それが記事のテーマとなります。

2. キーワードを実際に検索して上位記事を読む

キーワードが決まったら、実際に検索してみて、上位10記事に目を通してみましょう。

上位に表示されている記事は、Googleに評価されているコンテンツですし、競合となる記事でもあるからです。

記事を読めば「思ったよりも初歩的なことから解説が必要なんだな」「この内容は複数の記事で解説されているな」と新たな発見があるはずです。

読者が求めている情報や、Googleに評価されるコンテンツの解像度を上げるために、上位記事には必ず目を通しましょう。

3. 上位記事の見出しを分析する

上位記事に目を通したら、共通している見出しやそれぞれオリジナルの見出しを分析しましょう。

今ある記事よりもいい記事をつくらないと、新しく記事を書いてもなかなか順位が上がらないからです。

上位10記事中3記事が取り入れている内容は必ず構成に含めるためにピックアップしておきます。

ほかの記事に載っているなら、新しい記事で説明する必要はないんじゃない?

読者が初めに読む記事が君の記事かもしれない。それなら、伝えなきゃいけないことは全部伝えるべきだよね!

上位記事を読み込んで、伝えなければいけない内容を分析しましょう。

4. 上位記事の内容を網羅した見出しを作る

上位記事の調査が終わったら、伝えるべき内容を網羅した見出しを作ります。

あなたの記事を読めば、必要な情報はすべてわかるようにするためです。

このとき、単純に情報の量を足すのではなく、読者が知りたいことを伝える視点を忘れてはいけません。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

「おすすめ 洗濯機」で競合が10台紹介していたら、こっちは12台紹介するっていう感じ?

チキンくん
チキンくん

それもあるけれど、10台のままでいいからあえて悪い口コミを載せるとか、読者と競合の内容を見比べて考えるべきだよ!

読者の知りたいことに対し、上位記事を参考に網羅性の高い記事構成を作りましょう。

5. 本文執筆用のメモ書きをしておく

見出し作りが終わったら、本文を書くときのためにメモ書きを残しておきましょう。

キーワードをGoogle検索したり、競合記事を分析したりするうちに、書いておきたい内容をひらめくことが多いです。

せっかくひらめいても、執筆時に忘れてしまっては書けなくなるので、メモ書き程度に残しておきましょう。

根拠となるデータや参考にしたい記事を見つけたら、メモアプリやドキュメントに保存しておくことをおすすめします。

本文の書き方については、関連記事『SEO記事本文の書き方5つのコツ』で解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

SEO記事の構成を作る5つのポイント

ここからは、SEO記事の構成をもっとよくするポイントを紹介します。

具体的には、次の5つです。

  1. 読者の知りたい順番で伝える
  2. サジェストや関連キーワードを取り入れる
  3. 見出しにキーワードを入れる
  4. 内容がわかる見出しにする
  5. 小見出し(h3)の粒度をそろえる

それぞれ、理由まで解説します。

1. 読者の知りたい順番で伝える

SEO記事では、読者の知りたいことをすぐに伝える結論ファーストが基本です。

検索行動とは調べ物なので、もったいぶって結論を言わない記事は読者にストレスを与えてしまいます。

Googleは読者が満足する記事を評価します。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

結論を知っちゃったら、せっかく書いた情報を読んでもらえないんじゃない?

チキン君
チキン君

結論を知ると根拠が気になる、根拠を知ると事例が気になる、そうしてどんどん記事を読み進めてくれるから大丈夫だよ!

ストレスなく読めて、情報も豊富なコンテンツを作ることは可能です。

読者の知りたい情報を真っ先に伝え、気遣いのできる記事構成を作りましょう。

読者の知りたい情報に対して不足がないかチェックするなら、4つの学習タイプというフレームワークが便利です。

2. サジェストや関連キーワードを取り入れる

SEO記事の構成作りに慣れてきたら、サジェストや関連キーワードも積極的に取り入れることをおすすめします。

サジェストや関連にキーワードが現れるということは、多くの人が調べ直しをしている可能性が高いです。

充実したコンテンツの方がGoogleに好まれるので、読者が調べ直す前に先回りして、コンテンツに盛り込んでしまいましょう。

ナマケモノ君
ナマケモノ君

書く内容がどんどん増えちゃって大変だなぁ…

チキン君
チキン君

すべてを取り入れる必要はないよ、テーマに沿ったものだけを取り入れるようにしてね!

キーワードとテーマから脱線しない範囲で、情報を充実させましょう。

3. 見出しにキーワードを入れる

SEOを意識するなら、見出しには積極的にキーワードを入れましょう。

Googleの検索順位の決まり方に、見出しの内容がとても重要だからです。

すべての見出しに同じキーワードが入っていれば、Googleは記事がそのキーワードのために書かれていると判断してくれます。

たとえば「ダイエット」をキーワードにするなら、見出しは下記のようになります。

「ダイエット」がキーワードの見出し例
  • ダイエットをするべき理由
  • ダイエットの手法
  • ダイエットのスケジュール
  • 今日からできるダイエット
ナマケモノ君
ナマケモノ君

キーワードを入れると日本語としておかしくなるよ…

チキン君
チキン君

見出しに入れるのはムリのない範囲でいいよ!Googleばかり意識して読者が読みにくい記事になるといけないからね

慣れればできるようになる作業なので、どんどん取り入れてみてください。

4. 内容がわかる見出しにする

各見出しは、その見出しに書かれている内容がわかるようにしてください。

見出しで内容が分かれば、読者は自分が求めている部分を読めるからです。

つに表では、よくない見出しとよい見出しを比較してみました。

×内容がわからない◯内容がわかる
文章術の鍛え方とは?文章は書けば書くほど鍛えられる
売れる文章を学べる本売れる文章を本で学ぶなら『◯◯』
SEOライティングのNG行動読者に不親切なSEOライティングはNG!

Web記事の読者の中には、本文を読むかどうか見出しを一読して決めている人も一定数います。

見出しを読んで「よくわからん」と離脱されてしまうのは大変もったいないので、本文の内容がわかる見出しをつくることをおすすめします。

5. 小見出し(h3)の粒度をそろえる

「〇〇の理由 3選」など構成を階層化する際は、見出しの粒度をそろえるようにしましょう。

粒度が揃っていないと読者が構造を読解する必要が出てしまい、ストレスを感じさせてしまうからです。

次のNG例とOK例で、粒度の違いを見比べてみてください。

カレーの作り方3ステップ

1:材料を切る

2:煮込む時はタイマーで測った方がいい

3:ルーを入れてさらに煮詰める

カレーの作り方3ステップ

1:材料を切る

2:30分煮る

3:ルーを入れてさらに煮詰める

NG例の2つ目はアドバイスで、具体的な行動ではないため粒度がそろっていません。

対してOK例では、行動で粒度がそろっています。タイマーの使用をおすすめするのは、本文中で伝えることもできるでしょう。

粒度をそろえるのは、意外と高度なテクニックです。ぜひ挑戦してみてください。

【まとめ】SEOの記事構成は、読者の悩み解決のために作る

良い構成があれば、本文の執筆はやりやすくなります。

読者に伝えるべきことが明確になり、過不足なく情報を盛り込めるからです。

網羅性の高い記事構成を作って、読者の悩みをイチゲキで解決しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました